高血圧とは

高血圧の基準は、上の血圧が140㎜hg以上下の血圧が90㎜hg以上とされています。

年代別では、40~50歳代の3人に1人、60歳代以上では2人にⅠ人が高血圧とも言われています。

では、高血圧とは体がどんな状態のことを言うのでしょうか?

心臓は、血液を送り出すために、休むことなく収縮と拡張を繰り返しています。

心臓がポンプ、血管は輸送ポンプの役割をしています。

心臓の拍動により、血管は常に圧力をかけられているのです

ここで、問題になってくるのは血圧が高い状態が続くと血管の壁が徐々に傷つき硬くなっていきます。

これが、動脈硬化です

動脈硬化は、加齢にともない誰にでも起こる血管の老化現象ですが、高血圧があるとそれが促進されてしまうのです。