塩分が高血圧を引き起こすメカニズム

塩分が高血圧を引き起こすメカニズム


塩分を摂取すると血管が収縮するんです。

その細くなった血管に同じ量の血液が流れるのですから・・・

血管を通る血液の圧力は当然高まります

もう一つ理由があります。

 

塩分をとるとのどが渇いて水を飲みますね

体は濃い塩分を薄めようとして

水をため込んで血液を増やします

血液が増える

血管を通る時の圧力が高くなってしまうんです。

 

減塩とはどれぐらいの量を言うの?


国によって定められている

塩分の摂取量の目標は1日あたり、

男性9g未満女性7.5g未満です。

外食は人がおいしいと感じるように

濃い味付けになっていることが多いので

注意が必要です。

 

隠れ塩分も要注意


食品の中には

すでに塩分が含まれている

食品があります。

それは・・・

加工食品です。

ウインナーやベーコンなどは

塩辛いので

塩分が入っているのも予想できますが、

パンうどんなど

あまり塩辛さを感じない食品にも

製造過程でたくさんの塩分が使われています。

調味料として減塩をしていても

食品自体の塩分を減らさなくては

減塩にならないのが難しい所です。

減塩の助けになる

商品や工夫も載せていくので

根気よく頑張っていきましょう。

 

減塩の強い味方になる商品


市販されている

減塩の調味料を紹介します。

最近ではスーパーに行くと

たくさんの減塩商品が並んでいます

・食塩

・しょうゆ

・味噌

・だし

・ソース

・ケチャップ

・めんつゆ

など・・・

これらの商品には塩分を減らし、

代わりに

塩化カリウムを加えてあります。

この塩化カリウムには

血圧の降圧作用もあるので、

一石二鳥で嬉しいかぎりです。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中