温差に注意

温差に注意


人の体は気温差によって

血圧が急激に変化します。

注意が必要で代表的なのが、

お風呂です。

入浴中の突然死を

ニュースなどで聞いたことが

あるのではないでしょうか?

この突然死のほとんどは11月~3月寒い時期に起きています。

 

脱衣所

・暖かい部屋から寒い脱衣所に来て

服を脱いだ時血管が収縮して血圧が上がる

 

浴槽につかる時

・熱いお湯に急に入ると血管が収縮して血圧が上がる

 

体を洗う

・寒さで血圧が上昇

 

長風呂

・血管が温まることによって血圧が下がる

 

このように入浴する時には

血圧が急激に変化しています。

急激な変化をしないように工夫してはいりましょう

 

脱衣所や浴室はあらかじめ暖めておく、

湯船のお湯の温度はあまり高くない

38度~40度程度を目安にしてください。

 

お湯の量は、

水圧がかかり心臓に負担がかからないように

みぞおちあたりで半身浴がいいでしょう。

 

湯船につかる時間は、10分程度

急激に立ち上がらず

ゆっくりの動作で動き

血圧の上昇を防ぎましょう

 

水分補給

入浴の前後には

コップ1杯の水分補給がとても大切です。

血管が詰まるのを防いでくれます

 

寒い冬は防寒対策をしっかりしましょう

寒さにより刺激が加わると

交感神経が興奮し、

梢神経が収縮するため、

血圧が上昇しやすくなります。

外出時には

冷気に出来るだけ触れないように

マフラーやマスク、

帽子、

手袋、

カイロ

発熱・吸湿効果のある下着

などを上手に使い

防寒対策をしてください。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中