生活の中での工夫

だしをとり味噌は少なめに


いくら減塩がいいとわかっていても

薄味過ぎて

味のしない食事では

減塩生活を長く続けるのは苦しいですよね。

そこで、

だしをしっかりとっていただきたいのです。

カツオ節やこんぶなどで

しっかりだしを取った味噌汁は

味に奥深さが出て

味噌を減らしても満足できるようです。

 

だしの取り方を紹介します


市販でも

顆粒だしなどが販売されていますが、

それらには多くの塩分が入っているので

自分でだしを取ることをおすすめします。

 

昆布だしの作り方


昆布の表面をふきんなどでふいて

汚れを取ります

密封できる容器

水と昆布を入れて

一晩置いたら出来上がりです。

 

かつおだしの作り方


鍋に水を入れて

沸騰したらカツオ節を入れます。

ひと煮立ちしたらペーパータオルなどで

こして出来上がりです。

 

思ったより簡単に作れるのでぜひチャレンジしてもらいたいです。

 

調味料はかけるよりつけるのが◎


とんかつを食べる時や

海鮮丼を食べる時

ソースや醤油をたくさんかけていませんか?

調味料を食べる前にかけてしまうと

具材にしみ込んでしまって

味が薄いと感じて

もう一度かけてしまうことはありませんか?

こういったことを解消する工夫が、

かけるよりつけるです。

 

醤油は小皿に入れて

食べる時にそのつど

つけるといいでしょう。

 

この方法だとつけた量もわかりやすいし、

直接舌に醤油が付くので

少しの量でも味を感じやすくなります。

 

調理中は煮込むより

照り焼きのように

表面に味付けをすると

少しの塩分でも

おいしく食べることができます。

 

塩分の代用品で満足


醤油を減らす手段として

レモンや酢などの酸味、

七味などの

辛味だいこんおろしなどをのせて

苦みなどを使うのもおすすめです。

素材そのものの

旨みを活かして

おいしい食事にしたいですね。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中