高血圧の薬について

生活習慣の修正では血圧が下がらないケースや、

リスクが多く

最初から降圧薬

対応することが必要なケースでは、

降圧薬による薬物療法が行われます。

薬物療法に用いられる降圧薬には、

一般的にはカルシウム(Ca)拮抗薬

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬

利尿薬

β遮断薬(含αβ遮断薬)

の5種類があります。

 

カルシウム拮抗薬の働き


細胞が収縮することで

血管は細くなり血圧が上がります。

この収縮は、

細胞内にカルシウム(Ca)イオンが

流れ込むことが原因になっています。

ですから、

このカルシウムの通り道をふさぐことで、

収縮を抑え

血管を拡げ

血圧を下げることができます。

これがカルシウム(Ca)拮抗薬の働きです。

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬


アンジオテンシンⅡは

その受容体に結合すると血管が収縮します。

つまり、受容体への結合を妨げれば、

血圧が上がるという反応は起きないのです。

ARBは、

アンジオテンシンⅡが

受容体に結合するのを防ぎます。

アンジオテンシンⅡは、

血管を収縮させたり、

腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて

血液量を増やす作用があり、

血圧を上げる働きをしています。

このアンジオテンシンⅡは、

アンジオテンシン変換酵素(ACE)の作用を受けて

アンジオテンシンⅠから作られますが、

ACEを阻害すれば作られません。

それがACE阻害薬の働きです。

アンジオテンシンⅡが作られなければ、

その結果、

血管は拡がり、血圧が下がります。

血液中の中に水分が増えると

血管を流れる血液の量が増えるので、

血圧が上がります。

従って、

血圧を下げるには

尿の出をよくして

血液中の水分を減らす方法があります。

それを行う薬剤が利尿薬です。

現在、降圧に用いられる利尿薬は

腎臓に働いてナトリウム(塩分)の排泄を促進し、

尿量を増やします。

ナトリウムには水を引き込む性質があるので、

ナトリウムを排泄すると、

血液中の過剰な水分が減っていくのです。

交感神経系の興奮は、

ノルアドレナリンが

β受容体に結合することによって、

心臓や血管に伝わりますβ遮断薬は、

β受容体に結合して

ノルアドレナリンの

結合を妨げることによって

心臓の心拍数を減らし収縮力を弱めます。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中