メタボリックシンドロームと高血圧の関係

まず、

メタボリックシンドロームと肥満の違いについて説明します。

肥満とは太りすぎのことを言い、

一般にBMIという指数で評価されます。

BMIとは、

BMI体重(kg)÷身長(m)身長(m)で表され、

この数値が25を超える場合に

肥満と診断されます。
メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪の蓄積+その他の要因が重なっている状態のことを表し、

現在日本では以下の条件を満たす場合に

メタボリックシンドロームと診断されます。
絶対条件として

ウエスト周囲径が男性で85cm以上

女性で90cm以上があり、

下記①~③のうち2つ以上該当する。

中性脂肪が150mg/ml以上もしくは、

かつ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40mg/dl以下

血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg以上もしくは、

かつ拡張期血圧(下)が80mmHg以上

③空腹時血糖値が110mg/dl以上

肥満は塩分過多と並ぶ

高血圧の主要原因の一つです。

肥満で高血圧の場合、

減量することで血圧もずいぶん下がってきます。

4~5kg程度の減量でも、

かなりの効果を期待できます。

理想は肥満の脱出になりますが、

少しずつ取り組むといいでしょう。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中