血圧の正しい測り方

高血圧とつきあうためには、毎日の正しい血圧測定が欠かせません。


きちんと血圧を測り、ご自身の健康管理にお役立てください。

  • 家庭用血圧計には、色々なタイプがあります。指先で測るもの、手首で測るもの、上腕で測るものがありますが、上腕で測るタイプが最も正確と言われており、日本高血圧学会もこのタイプを推奨しています。
  • 朝と夜一日に二回測定しましょう。
  • 朝は起床後1時間以内、トイレを済ませ、朝食前に測りましょう。
  • 夜は食事、入浴、服薬、トイレを済ませ、就寝前に測りましょう。
  • 血圧を測るときは、腕を心臓と同じくらいの高さにしてはかります。
  • 血圧を測る腕は、左右どちらでも大丈夫ですが、できるだけ同じ側の腕で測定するようにしましょう。
  • 測定前に1~2分ほど安静にして3回ほど深呼吸してからはかります。血圧測定時にはしゃべらないようにしましょう。
  • 毎日血圧を測定し、測定結果をノートに書き留めておくといいでしょう

 

病院を受診する際には病状を把握するため血圧の測定ノートを持参しましょう。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中