高血圧と便秘の関係

高血圧になると降圧剤が処方されます。

この降圧剤には

降圧利尿剤というものが入っています。

降圧利尿剤は

体の中の水分を排泄する作用があるので

水分不足になり、

便が固まって便秘になって

しまうことがあります。

排便はお腹に力をいれ

腹圧をかけることによって便を出すので、

便秘になってしまい

硬くなった便を出すには

より強く腹圧をかけなければいけなくなってしまうので

血圧が高くなってしまうのです。

また、便秘になると腸内の悪玉菌が繁殖します。

有害な物質が発生すると

自律神経が乱れ、

高血圧を助長します。

特に冬は寒いだけでも

血管が収縮して血圧が上がってしまうので、

冬場のトイレには注意がひつようです。

トイレ用の暖房器具なども

市販されているので

活用してみるのもいいでしょう。

便秘の解消には

野菜などに多く含まれている

食物繊維がいいので

たくさんとってください。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中