高血圧と遺伝の関係

両親がどちらも高血圧の場合には、

子供は50~60%の確率

高血圧になるとされています。

両親のいずれかが高血圧の場合には25~35%

両親ともに高血圧ではない場合には10%未満

とされています。

このことから、

高血圧には明らかに

遺伝的要因があることが分かります。

これは、高血圧になりやすい体質が

親から子へ受け継がれるということです。

また、遺伝以外にも環境因子も無視できません。

たとえば

親が濃い味付けを好んで食べている場合は、

一緒にいる子供も小さなころから

塩分の多い濃い食生活に慣れ親しみ、

常に高血圧のリスクの高い食事を

とることになります。

したがって、

親が高血圧の人は、

自分は他の人よりも

高血圧になりやすいのだという

自覚をもって予防していくことが大切です。

高血圧は中年以降から徐々に

発症してくるものでなので、

若いうちにそのような生活習慣を

断ちきって予防していける体制を整えておけば、

高血圧になる可能性は

どんどん下げていくことができるでしょう。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中