高血圧にいい酢についての話

高血圧にいい酢についての話


お酢に含まれるアデノシンという成分には、

血管を広げてくれるという働きがあります。

また、毎日のお料理に

お酢を使用することによって

塩分を抑える効果も期待できます。

さらにお酢には

コレステロールを抑制する効果もあるので、

積極的に取り入れていただきたいとおもいます。

血液を正常化するのに必要なお酢の量は

何と一日当たり大さじ一杯

お酢はそのままでは酸っぱくて

取り入れにくいかもしれませんが、

リンゴ酢や黒酢などに

はちみつを入れて水や炭酸水で割って飲むと

飲みやすくなります。

料理の中に取り入れるのもおすすめです。

高血圧になると

腎臓に負担をかけてしまうことになります。

専門機関の調査では

高血圧患者の約30%が腎障害になる可能性がある

というデータもあります。

高血圧の合併症として

心疾患がよくあげられますが、

この腎臓についても大きく関わってきます。

その機能の低下により

頻尿という症状が現れる可能性があるのです。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中