高血圧と認知症の関係

高血圧と認知症の発症には関係があることが明らかになりました!

 

認知症とは


脳血管の細胞が変性したり、

血管が傷つくなどダメージを受けることによって、

記憶力が低下したり、

簡単な計算などの作業ができなくなる病気です。

脳の神経細胞の変性している部分によって、

症状は変わり、暴力、徘徊、幻聴、

幻覚などが現れることがあります。

 

認知症には、大きく分けて


・脳血管に障害がでることで発症する「脳血管障害による認知症」

・神経細胞が減少して、脳が委縮することで発症する「神経変性による認知症」

 

高血圧に関係するのは、「脳血管障害による認知症」です。

 

高血圧の人は高血圧じゃない人に比べて

「脳血管障による認知症」になるリスクが3,4倍にもなります。

 

高血圧の人はどうして「脳血管障害による認知症」になりやすいの?


血圧が高い状態は、血流が悪くなり、

血管に高い圧力がかかっている状態が

続いてしまっている状態にあります。

そのため血管は大きく伸ばされてしまいます。

その結果血管が痛み、傷がついてしまうのです。

これが、原因になって

「脳血管障害による認知症」になってしまいます。

 

脳血管障害を予防するためには、血圧をコントロールすることが大切!


脳血管障害を予防するためには、

血液をサラサラにして血液を流れやすくして

血管に負担をかけないことが重要です!

 

そこで、血液をサラサラにしてくれる成分の入った

サプリメントを飲むことをおススメします。

オメガ脂肪酸と言われる3つの成分が配合されています。

老年期に高血圧になるより、

中年期に高血圧になるほうが

認知症になりやすいという報告もあります。

早めにサプリを飲んで血管が傷つくのを防止しましょう。

 

食べたはずのご飯を忘れてしまったり、

出かけたものの帰り道が分からなくなってしまったり、

時には家族や周りの大切な人に

暴力的になってしまうこともあります。

認知症なってしまうと、

自分だけじゃなく家族を巻き込んでしまいます。

自分自身のためにも、

大切なあなたの家族のためにも

オメガ脂肪酸は取り入れてほしい栄養素なのです。

 


〜目次〜


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中