気象病と高血圧の関係

気象病と高血圧の関係


天気が悪くなる

体調が悪くなることはありませんか?

私達の体はつねに

天気気温湿度影響を受けています。

天候の急変などで、

気圧に急激な変化が起きると

急激な変化に体がついていけなくなり

体にストレスがかかります。

体にストレスがかかると、

それが負担になり血圧が上がってしまうのです。

 

低気圧になるとどうして頭がいたくなるの?


ストレスがかかり、

体に負担がかかることによって血圧が高くなると、

血管が膨張します。

血管が膨張すると

神経を圧迫して頭痛が起きてしまうのです。

低気圧になると、

空気に含まれる酸素の量が薄くなります。

そのため、酸欠の状態になり

神経に影響を与え頭痛を起こすことがあります。

 

低気圧によって起きる頭痛の治し方


血管が膨張をしている状態なので、

痛みのある場所冷やすことが効果的です。

 

天気や季節などで起こる症状


  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 古傷が痛む
  • むくむ
  • 気分が憂鬱になる

自律神経バランス

乱れてしまうことも原因になります。

鎮痛剤を飲んでも頭痛が治らない場合は、

耳にある内耳

気圧の影響を受けていることが

原因になっているかもしれません。

そんな時は、

三半規管正常に戻してくれる

酔い止めの薬が

効果を感じられるかもしれないので

試してみるのもいいでしょう。

酔い止めの薬には、

内耳に血流を改善し、

内耳の神経の興奮を鎮めてくれる効果があります。

  • めまい⇒酔い止めの薬を飲む。
  • 片頭痛⇒酔い止めの薬を飲む、首の後ろを冷やす
    片頭痛の場合はマッサージ入浴で温めるのは逆効果になるので注意が必要です。
  • 関節痛⇒除湿・温める

 

自律神経の整える4つの方法


  1. 朝起きたら太陽の光を浴びる
    朝太陽を浴びることで体内時計がリセットされます。
    自律神経を整えるのに1番効果があるのは規則正しい生活をすることです。
  2. ウォーキングや運動をする
  3. ゆっくり湯船に浸かってリラックスする。
  4. しっかり睡眠をとる。

気象病を予防する、くるくる耳マッサージのやり方


  1. 耳を軽くつまんで、上・下・横に5秒ずつ引っ張ります。
  2. 軽く耳を引っ張りながら後ろに向かって5回ゆっくり回します。
  3. 耳を前に包むように曲げて5秒間キープします。
  4. 耳全体を手の平で覆うようにして、後ろに向かって5回円を描くようにマッサージします。

このマッサージを朝・昼・晩の3回行ってください。

痛くならない程度の力でマッサージしましょう。

 


〜目次〜


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中