新常識!高血圧が原因で失明?

新常識!高血圧が原因で失明?


高血圧目の病気

一見関係がなさそうですが、

実は深い関係があるのです。

 

今回は高血圧と、目の関係について

説明していきたいと思います。

 

老化とともに視力が低下するのはさけられませんが、

高血圧の人が急に視力が低下した場合は注意が必要です。

  • 瞬間的に物が見えなくなる。
  • 片方の目が見えなくなる。
  • 見えにくくなる。

そんな症状が出た場合は、

一過性の虚血発作が起きている可能性があります。

高血圧が原因で眼底の血管の動脈硬化が進行すると、

視神経につながる血管が侵されてしまい

血液が流れにくくなってしまいます。

そのため、

  • 疲れ目や目がかすむ

更に進行してしまうと

  • 視野が半分暗くなる
  • 物が重なって見える

などの症状が現れます。

 

目の神経は脳の神経と

とても近い場所を通っていることもあり、

早く症状に気付いて

高血圧の治療を開始する必要があります。

網膜は体の中で唯一動脈を直視することができます。

眼底検査をすることで、

高血圧による動脈硬化が原因で起こる

  • 出血
  • 血栓
  • 網膜組織の異常

などの進行を知ることができます。

 

高血圧が原因の動脈硬化が進んでしまうと

目にどんなことが起こってくるのでしょうか?

 

高血圧が進んでしまい動脈硬化が進行してしまうと、

網膜の中に血液が流れない所ができてしまいます。

 

血液が流れなくなってしまうと、

血液を送るために

新しい血管(新生血管)が作りだされます。

新しい血管(新生血管)は、

細くて弱くもろいので、

破れて出血してしまう可能性が高くなります。

 

また、高血圧の合併症として知られる糖尿病

合併している場合には特に注意がひつようです。

糖尿病がある場合には、

新しい血管(新生血管)ができやすい傾向があり、

出血する可能性が非常に高くなります。

 

目に違和感がある、

見え方がおかしいなと気づいたときには

眼科で診察するのをオススメします。

高血圧の治療と食事療法などを併用しながら

合併症が進行するのも防ぎましょう。

 


〜目次〜


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中