新常識!高血圧の人の二の腕は冷たい!

新常識!高血圧の人の二の腕は冷たい
高血圧と冷えの密接な関係!高血圧改善法!


自分の体が冷えているのかチェックする方法

起床時、わきの下の温度と二の腕の温度を比べた時、

わきの下の温度の方が低い

と感じた場合はあなたのからだは冷えています。

 

筋肉が冷えてしまうと、

熱エネルギーが作り出しにくくなってしまいます。

そのため血流が滞ってしまい、

血圧が上昇してしまうのです。

 

冷えを解消するにはどんな解消法があるの?


体を温める効果のある食品をとる。

・体の表面から直接温める

・体を動かす、運動する

 

今回は、体を効率的に温めて

高血圧の改善に効果のある

オススメの湯たんぽについて紹介します。

 

「湯たんぽ」は、

体を直接温めるのにオススメの方法です。

「湯たんぽ」は

熱エネルギーが高い上に、

徐々に温度が下がるので

体を温めるのに適しています。

 

高血圧の方は、

二の腕を「湯たんぽ」で

集中的に温める

高血圧の改善効果が期待できます。

 

二の腕には、

日常生活でほとんど使わない筋肉があります。

この筋肉を温めることで

血流が増えて体が効率よく温まり血圧が下がるのです。

 

湯たんぽの使い方


お湯を沸かし「湯たんぽ」にお湯を入れて、

カバーを付ければ使えます。

商品によって使い方や入れるお湯の温度が違うので、

説明書に従って使いましょう。

 

「湯たんぽ」は、表面に伝わる熱を利用し体を温めます。

「湯たんぽ」の種類は

・金属製

・ゴム製

・ポリエチレン製

・電子レンジで温めるタイプ

・充電式

などがあります。

 

湯たんぽの利点


・お湯を沸かして湯たんぽに入れるだけなので、簡単に使うことができます

・何度も繰り返し使うことができるので経済的です。

・熱エネルギーが高いので効率よく体を温められます

 

湯たんぽで二の腕を温める時には

形が腕の形に添いやすい

ゴム製の物を使うのがオススメです。

お風呂に入る前

湯たんぽで体を温めてから入るのもオススメです。

体が冷えた状態でお風呂に入ってしまうと

体の表面しか温まらない場合があります。

体を温めてからお風呂に入ることで、

体の芯から温めることができ、

長湯をすることで

のぼせてしまうのも防いでくれます。

 

湯たんぽを使う時の注意点


・同じ場所に当て続けてしまうとやけどをしてしまうので注意しましょう。

・湯たんぽに入れるお湯は高温なので湯たんぽの蓋はしっかりしめましょう

・湯たんぽの説明書を読んで正しく使いましょう。

 

湯たんぽ!冷えによる血行不良の改善法

冷えによる血行不良が不眠につながります。

体が冷えると内臓の機能が低下し、

肩こりや首こりが起きます。

湯たんぽで体を温めると

血流が促進され、

肩こりや首こりが改善されます。

 

また、

精神状態が落ち着き、

睡眠の質の向上が期待できるのです。

湯たんぽを使う時には、

やけどをしないように注意して行いましょう。

 


〜目次〜


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中